魚のアラ汁。お安く、あったか、DHA!

2018年1月21日 日曜日

魚のアラ汁。お安く、あったか、DHA!

寒いですね。
こんな夜は、あったかい鍋なんかいいですね。
 

でもなんであんなに野菜高いんでしょうね。
鍋の具材一式をそろえると、アンコウなんか買えないぞ! こまった!
 

ってことで、今日は安い魚のアラを使った味噌汁を紹介します。
 
/wp/wp-content/uploads/0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-7.png
 

えっ、魚のあらを知らない?
 
/wp/wp-content/uploads/1516538695400_mini-1.jpg
 

アラって言うのは、大きめの魚を三枚におろした後の、要らないとこ。
魚のあらからは、うまみだけでなく、DHA、コラーゲンがたっぷり溶け出します。
しかも激安なので、お財布にも優しい!
 

けれど、ちょっと下処理をしないといけません。
さぼるとくさいです。

ちゃんとやるとほんとにおいしいです。
 
今日も、下処理を教えてくれたのは料亭で働いていた友人です。
 
 

<材料>
・魚のあら(今日はタイ)
・昆布
・冷蔵庫の残り野菜
・味噌
 

<レシピ>
1 アラに塩を振って、10分ほどおいて、出てきた水分をふきとる。
/wp/wp-content/uploads/1516538703959_mini.jpg
 

2 たっぷり沸いてる熱湯に投入し、さっと沸いたらざるにあげる。
/wp/wp-content/uploads/1516538711652_mini.jpg
 

3 水を流しながらよく洗う。鱗や血などを爪でごりごりと取り除く。

/wp/wp-content/uploads/1516538726860_mini.jpg
きれいになった!
 
/wp/wp-content/uploads/1516538719298_mini.jpg
鱗をそぐと、皮までとれちゃう・・・。顔面筋肉標本みたい(笑)
赤いきれいな皮を残したいんだけどなあ・・・。
 
4 鍋に水と昆布を入れて火をつけ、指を入れて「アチッ」ぐらいになったら、アラと野菜を入れる。
/wp/wp-content/uploads/1516538745350.jpg
 

5 アクを掬いながら、弱火~中火で20分ぐらい煮る。
/wp/wp-content/uploads/1516538755673.jpg
 

6 味噌で調味。
/wp/wp-content/uploads/1516538782476.jpg
 
 

とってもきれいな脂がひかって、いい匂い。
ネギや七味を加えるといいかも。
 
/wp/wp-content/uploads/1516538790191.jpg
今日の晩ごはんは、いわしの醤油煮(缶詰)と、ホタルイカの沖漬けもあって、おさかな尽くし。
 
しかし正直、下処理は結構手間がかかるなあ、と思った。
(慣れるともっと早くできそうだけど)
さらに、子供たちは骨があると嫌がるから、身を外して骨を取り除くという手間もあったし。
 
でも、臭みがニガテな長男が、「これはおいしい!」と飲み干した
 
/wp/wp-content/uploads/1516538800787.jpg
 
「また作ってね!」と言ってくれた!
そしてみんなで残りの奪い合いになった(・o・)
 
よーし、旦那が休みで子供たちを見てられる日に、また作ってあげよう!




関連記事

  1. 海藻食べよう! ~アカモクっておいしいの?~
  2. ぶりのカマでも、あら汁作ってみた。
  3. さばそぼろ。材料ひとつ!
  4. この納豆さえあれば。
  5. この煮物さえあれば。
  6. 魚の缶詰の煮汁で、ちょこっとおかず。
  7. まごわやさしい、晩ごはん。
  8. なすの、少油トロッと炒め 2017/06/25
  9. サバ缶ごはん、ベトナム風。2017/04/14
  10. サバ缶の味噌汁。2016/12/13
Top