ダンナはジャンクフード星から来ました

2017年12月24日 日曜日

ダンナはジャンクフード星から来ました

重症アトピーの改善例の体験談を紹介する連載記事です。
1 写真とアンケート
2 ダンナはジャンクフード星から来ました
3 母親Sを味方につけるには
4 魚嫌いの魚生活。
5 小腹満足! ちゃんと計量! 蒸しパンレシピ

 
■改善前、改善後。
(beforeの写真は、これでも、症状が改善し始めてからのものだそう)
/wp/wp-content/uploads/mini.jpg
 
 

/wp/wp-content/uploads/DSC006501_mini.jpg
 
 
/wp/wp-content/uploads/ba6ff88a8e15b20999e75defa5607e08-3.jpg
 
 
/wp/wp-content/uploads/ba6ff88a8e15b20999e75defa5607e08-1.jpg
 
私と映っているのは、わたしの従姉のあっこちゃんと旦那様のT・Tさん。
重症アトピーだったご主人、T・Tさんと、
ご主人を食事療法で完治に導いた奥様、あっこちゃん!
 

それでは、あっこちゃんと私の、食餌療法セキララトークをどうぞ!
 
 

■ダンナはジャンクフード星から来ました
「とにかく、うちの旦那は食生活がひどかったんだよ」とあっこちゃん。
 

「特に結婚前、毎日のように食べていたものは、
 

マーガリンといちごジャムのパン
 

カップラーメン
 

赤いき〇ね(どん兵衛よりマルちゃん派らしい・・・どーでもいいわぃ)、
 

カルボナーラ
 

肉(の脂身大好き)
 

マックのテリヤキバーガーセットLサイズのジンジャーエール(過去にバイトしていたほど好き)」
 

「うわあ・・・野菜がないじゃん・・・」
 

野菜ジュース=野菜だと信じてたタイプでさ」
 

「ああ~・・・」
 

「で、味の濃いものにはマヨネーズをつけて味をマイルドにする、というつわものでさ!」
 

「え? マイルド? …余計濃くなるんじゃ?」
 

「理解不能だよね。
やっぱり、味覚障害だったんだよ、たぶん」
(※栄養が偏ってると亜鉛不足になって味覚障害になります!)
 

「うーん、
そりゃあ、長生きできなさそうな・・・」

 

「でっしょ~?
 

だから、結婚してからは、妻として、
『そのままだと死ぬよ!』って言って、そういうのを少しずつやめさせていったんだよ。」
 
 

■突然の悪化
「旦那さんはいつからどんな症状があったの?」
 

「社会人になってから。
アトピーってほどではなかったんだけど、冬になると肌がかゆくなって、湿疹ができてた。
結婚して、食生活がまともになってからも、それはあったよ」
 

「それが、二年前に突然、重症のアトピーを発症したんだね」
 

「そうそう。例年とは違うかゆみに襲われて、止まらなくなったの」
 

「いつもと違うかゆみ?」
 

「うん。
手が届くところは掻いちゃってどこもミミズ腫れになって。
 

夜中、トイレに行くと旦那のうなされる声が聞こえたし、
パジャマがすれるとかゆいからって、布団の中で脱いじゃって、全裸で目覚める事もかなりあったらしい。
 

毎朝、体から血が出てたし」
 

「壮絶だね・・・」
 

痒いは痛いより辛いんだって。
あのころは異常だった。」
 

「受診はしたのよね?」
 

「もちろんしたよ。
まず皮膚科を受診した。
 

でもお医者さんは、ほぼ肌を見るだけ
 

ろくに話も聞かずに、大量の『アレグラ』と『ステロイド』を処方する
その繰り返し。
 

アトピーはひどくなる一方だった」
 

「ああ~・・・それは追い詰められる・・・。」
 

「そうそう。
だんなは『このかゆみをなんとかしてくれ!』って感じだし。
もう、これからどうなっちゃうんだろうって思うじゃん?」
 
 

■原因はなんだ!
「・・・実は、最後はお祓いだな、と思ってたんだよ。」
 

「えっ、お祓い?」
 

「うん。そのころ、引っ越したばっかりだったのね。
だから、この家に何か憑いてるんじゃないか、って!」
 

「うわあ! あっこちゃんらしくない!」
 

「ははは。
そこまで追い詰められてたってことだよね。
 

でも、その前に
『このままではイカン! 私がなんとかせねばー!うぉー!!』
って一大決心して、自力で調べたの。
 

子供が小さかったから、夜な夜なチャカチャカとネット検索して、
 

やっと、食事がもっとも大きな原因じゃないかって、たどり着いたってわけよ!!」
 

「おめでとう!!! 
よくぞ忙しいなか! メンタルきついなか! 乳児の娘ちゃん抱えて!」

 

「ありがとう!
 

・・・あとさ、今考えれば、
あの時期に急に発症したのは、ストレスも大きいと思う。
 

ダンナは、その前の年に忙しい部署に移動になって、仕事に追われて、昼休み返上で働いてて、ストレスが溜まりにたまってた。
その年末に、厳しいスケジュールで引っ越したあとだったんだよ」
 

「はは~、なるほど・・・。
旦那さん、心身ともに代謝が落ちていたんだろうなあ。

 

食事が変わらなくても、消化器系統のはたらきが弱まると、未消化のたんぱく質が悪さをして、アトピーを発症することがあるみたい。
私の友人にも、ストレス性胃炎からアトピーを発症した人がいるよ」

 

「なるほどね。

普段の食事が燃料で、ストレスが着火のスイッチになったって感じなんだろうね」
 
「そうだね。

 
 

・・・でも旦那さん、食事を変えることに抵抗したんじゃないの?」
 

「いや、旦那はもうそんな余裕なかったから。
おとなしくしたがってくれたよ。
 

むしろ、抵抗はあったのは、旦那じゃなくってね・・・」
 
「なになに! 聞かせてー!」

 

●母親Sを味方につけるには に続く




関連記事

  1. 魚嫌いの魚生活。
  2. 母親Sを味方につけるには。
  3. 旦那のアトピーなおしたよ! T・Tさん
  4. K.Y.さん(アトピー・花粉症・他)
Top