砂糖とアレルギー。

2017年12月9日 土曜日

砂糖とアレルギー。

子供のジュースの飲み過ぎの害についてまとめた連載記事です。
1 子どもとドリンクバー。を読む
 
〇ジュースについて
2 それはジュースではありません。を読む
3 子供に砂糖、一日何グラム?を読む
4 100%ジュースなのに砂糖入り?を読む 
 
〇ジュースの害について
5 この子、小食で・・・、に要注意!を読む
6 キレる子供、病気? 障害?・・・の前に。を読む
7 育てにくいを、砂糖が作るを読む
8 砂糖とアレルギー。を読む
9 子供にジュースはいらない。を読む
 
10 ジュースは「特別な飲み物」にしよう!を読む

 
 
前回は、ご飯の前の甘い飲み物などによって起こる、低血糖症について書きました。
 
/wp/wp-content/uploads/967197_115877288618502_264881424_o1_mini.jpg
 

今日は、
「ごはんの前の甘い飲み物は、アレルギーの原因にもなる」って話です。
 
 
■砂糖は炎症をよぶ
さて、空腹時に甘い飲み物を摂ることで、一気に上がった血糖値。
それを下げてくれるのは、インシュリンでしたね。
 
/wp/wp-content/uploads/2aeaeb6577eeeaf3e257f72c3d2532b9.png
 
しかし、焦った体はインシュリンを出し過ぎ、血糖値が下がりすぎてしまう。これが低血糖状態
 
/wp/wp-content/uploads/0e2582619fe4fdacc7ce49fc5a54cbed-2.png
 
すると今度は、アドレナリンが、血糖値を上げに来るんでしたね。
 
で、実は、血糖値を上げる働きがあるのは、アドレナリンだけじゃないんです。
一緒に出てきて、同じく血糖値を上げてくれる物質の一つに、コルチゾール、というのがあります。
 
/wp/wp-content/uploads/0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-5.png
 
さて、このコルチゾール、ほかにも重要な仕事をしてます。
なんと、アレルギーの炎症反応を適度に抑えているんです。
 
アレルギーを起こす炎症物質は、私たちの身体を守る兵隊みたいなもの。
だから、適度な炎症反応は必要。
けれど行き過ぎると、アレルギー症状となってしまいます。
アレルギーのしくみについてはこちら)
 
その行き過ぎが起こらないように、炎症物質たちを監視しているのが、コルチゾール軍曹。
 
しかーし、ひとたび血糖値が下がりすぎると!
身体にとっては血糖値を整えることのほうが重大なので、コルチゾールは現場に駆けつけなければなりません。
 
/wp/wp-content/uploads/bikkuri11.jpg
 
そして、炎症物質たちは放り出されてしまいます
この結果、アレルギー症状が起きやすくなってしまうのです。
 
 
■砂糖は腸内環境を悪化させる
砂糖の、アレルギーへの影響は、ほかにもあります。
砂糖は、腸内環境を悪化させてしまうのです。
 

腸内環境っていうと、善玉菌、悪玉菌っていうのをよく聞きますよね。
 
腸内細菌は、腸という街に住む住人みたいなもの。
どんな住人が住み着くかによって、どんな街になるかが左右されます。
 
善玉菌が居着いてくれれば、
街はどこも清潔で、住人みんなが助け合い、自治活動が盛んで、
「体」という大きな国のために、いろんなすばらしいものを生み出してくれます。
 

私たちは、できるだけ、善玉菌が居着いてくれる環境づくりにつとめなければなりません。
 
/wp/wp-content/uploads/img_enteric_cont111.jpg
 
しかし、砂糖は、悪玉菌の格好のエサなのです。
 

砂糖を多くとっていると、それを好む悪玉菌がどんどん増えていきます。
悪玉菌に占領された腸は、ガラの悪い人たちがたむろするスラムみたいになって、活力を失っていきます。
 
そして、悪玉菌が出す毒素で、腸の壁が傷つき、
消化不良のタンパク質が、傷ついた腸の壁から血管に入り込んでしまいます
 

これが、身体に異物と判断され、アレルギー反応を呼び起こしてしまうのです。
 
 

■どうすればいいの?
では、子供のアレルギーを改善するにはどうしたらよいか。
 

まず、血糖値を急にあげないこと。
そして、腸内環境を改善させること。
 

今日から、空腹時の甘い飲み物は、お茶か水に変えましょう。
できるだけ、甘い飲み物や、お菓子を避けましょう。
そして、善玉菌を増やすために、食物繊維や発酵食品を摂って、よく噛んで食べることです。
 
/wp/wp-content/uploads/041-1.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/thY07932OU.jpg
 
それから、こちらも必ずお読みください。
アレルギーの原因と改善法
 
 

・・・甘い飲み物が体にどれだけよくないかは、わかった。

 

じゃあ、どのぐらいならとってもいいの。
だって、子供が欲しがるし、私も好きだし・・・。

 

そうですよね。
では、どの程度なら大丈夫なのか、考えてみましょう。
 
子供にジュースはいらない。 に続く




関連記事

  1. マックに行くなら! 今日のご飯と簡単レシピ。
  2. 公園と、煙草と、お菓子。
  3. お菓子の食べ過ぎ、量はどこから?
  4. お菓子を食べ過ぎるとどうなるの?
  5. 「子どもはお菓子が好き」という誤解。
  6. 煙草とお菓子は似ている。
  7. 煙草はもちろん、怖いけど。
  8. 子どもが納得するルール作りを。
  9. 子供に伝わる言葉を知ろう。
  10. 子どもがお菓子をやめられないワケ。
Top