給食と揚げ物と長男。

給食と揚げ物と長男。

長男が小学校に入学して、早いものでもう半年。
学校にもすっかり慣れ、学校生活をエンジョイしている様子。
 

気になることはと言えば、ちょっと忘れ物が多いこと(←遺伝)と、
そして、給食が肉々しく、油っぽいこと。
●給食とアレルギーについてはこちら
 

さて、そんな先日、個人面談がありまして・・・。
 
 

■「揚げ物が苦手みたいですね」
担任の先生は、30代の男の方。
とても熱心で話しやすい先生です。
 
/wp/wp-content/uploads/8ca8002f8d44036fc7e924856bcb9529.png
 
面談が始まると、学校でのPについてあれこれ聞かせてくださいました。
 

ほめていただいたのが、「誰に対しても同じ態度で接することができる」ということ。
ダンナに似たんだなー、よかったなー、と誇らしかったです。
 

あとは、縄跳びの前とびが一人だけできないらしく、年明けまでには自宅で頑張ってほしいと。
これは私に似てしまったらしい。縄跳び、超苦手。
 

・・・まあそんなことはいいんですが。
 

で、つぎにこういわれました、
「あとは・・・そうそう、揚げ物が苦手みたいですね」
 
/wp/wp-content/uploads/DSCF14661.jpg
 
「えっ、・・・ええ、そうですね」
 

「P君、揚げ物はかならず半分減らすんですよ。
他のものは増やすのに。増やしてさらにお代わりするのに」
 

このお話に、ちょっと興味が湧いて、
 

「・・・先生、給食の量を減らしたり増やしたりって、みんなが自由にできるんですか?
揚げ物を減らしてもらっているっていうのは、息子に聞いてたんですが・・・」
 

「はい。食べる前に、毎回そういう時間がありますよ。
まあ、嫌いなものでも、『減らす』で、ちょっとは食べてもらってます。」
 
/wp/wp-content/uploads/b0301101_11175131.jpg
 
「へえ~、そうなんですか・・・」
 

「そうか~、P君はやっぱり揚げ物嫌いなんですね・・・」
 

苦手を克服しましょう、って言われるかな? 
好き嫌いじゃないってことを説明しようかな? と思ったら、
 

「あんなによく食べるP君でも好き嫌いがあるんですね。ははは。
あとはですね~・・・」
 

スルーかい!
ちょっと拍子抜け!
 

そうか~、
全員同じ量を盛られて、問答無用で「好き嫌い禁止」!
ぜんぶ食べられるまで居残り!

・・・、なんて、もう昔の話なんだなあ!
 

自分で量を考えて、調節しなさいなんて、素敵!
自分を知って、そのうえで、食べ物を無駄にしないで美味しく食べるのは、すごく大事なことだ。
個性を重んじる教育のいい面だなあ。
 

ってことで、
息子、Pはなんら問題なく、揚げ物を半分に減らし、体調に影響のなさそうなものを増やして、給食を楽しんでいるらしいのでした。
 

今後も、給食のことで改めて先生に話をする必要もなさそうです。
 
 

■給食は足りているのか。
その夜、晩ごはんを食べながら、Pと話しました。
「・・・ってことで、ママ、ほっとしたよ。
今の給食って自由なんだねえ。
 

しかしアンタ、すごくよく食べるって、先生が驚いてたよ」
 

「うん、俺がクラスで一番食べるよ!」
 

「増やして、さらにお代わりするんだって?
アンタ、お代わり何回してるのよ~」
 

「お代わりは一回しかできないよ」
 

「えっ、そうなの? なんで?」
 

「だって食べるの早い子が何回もお代わりしちゃったら、食べるのゆっくりな子ができないじゃん!」
 

「ほお、なるほど(ゆっくりな子も尊重されていて、またまたスバラシイ)。
でも、じゃあ足りないんじゃないの、アンタ」
 

「ううん、大丈夫だよ。
 

だって、みんながお代わりしたら、先生がこう言ってくれるんだ、
『お代わりしたい人、もういない? じゃああとはPくん食べちゃっていいよ!』って!」
 

な、なにー!
そ、それは恥ずかしいー!

 

い、いや、食べ物を無駄にしないアンタはすばらしいと思うよ! でも・・・
 

はあ、それ以上大きくならなくていいんだが・・・
/wp/wp-content/uploads/1512704921811.jpg
(みんなでお散歩。Pは現在130ちょっと。三人とも平均よりでかい・・・)




関連記事

  1. 子どものウンチは語る。~給食編~
  2. 給食でアレルギーにならないために。
  3. 給食の献立と油。
Top