子供に砂糖、一日何グラム?

2017年11月25日 土曜日

子供に砂糖、一日何グラム?

子供のジュースの飲み過ぎの害についてまとめた連載記事です。
1 子どもとドリンクバー。を読む
 
〇ジュースについて
2 それはジュースではありません。を読む
3 子供に砂糖、一日何グラム?を読む
4 100%ジュースなのに砂糖入り?を読む 
 
〇ジュースの害について
5 この子、小食で・・・、に要注意!を読む
6 キレる子供、病気? 障害?・・・の前に。を読む
7 育てにくいを、砂糖が作るを読む
8 砂糖とアレルギー。を読む
9 子供にジュースはいらない。を読む
 
10 ジュースは「特別な飲み物」にしよう!を読む

 

では、子供は甘い飲み物をどのぐらい飲むと、糖分をとり過ぎてしまうのか?
 
/wp/wp-content/uploads/967197_115877288618502_264881424_o1_mini.jpg
 
 
■砂糖は、一日どれぐらい?
まず、砂糖は一日どれぐらいとればいいのか、についてですが・・・。
 

実はまだ、日本には、それについての基準がありません。
 

で、WHO(世界保健機関)は、こんなこといってます、
 

・虫歯、肥満などを避けて、健康でいたいなら、砂糖をはじめとするいろんな糖類は、
食べ物からとるエネルギーの10%未満にしたほうがいいよ。
 

・でもほんとは5%未満にしたほうがもっと健康にいいよ。
 

(ご飯、果実など未加工の食品に含まれる糖分はカウントしないでだよ)
 
(参考資料・2015年の砂糖摂取量に関する新しいガイドライン

 
ちなみに、日本でも、次回の20年度から、これに準じた基準ができるみたい。
なので、今日はこれに沿ってみましょう。
 

大人の場合(2000カロリー摂取)
(食べ物からとるエネルギーの10%、砂糖一gは4cal、角砂糖一個は3.7gで計算)

/wp/wp-content/uploads/b4577363c5c1c85fd50cab8b97b04577.jpg
1日、これ以下(50グラム、角砂糖13.5こ)
 
/wp/wp-content/uploads/d787a7b99fd045bacdf9ea2cdbcb77df.jpg
ほんとはこれ以下の方がいい。(25グラム 角砂糖6.75こ)
 

6-7歳の子供の場合(1600キロカロリー摂取)
/wp/wp-content/uploads/f52588941c72d181182676a772645f8e.jpg
1日、これ以下 (40g、角砂糖10.8こ)
 
/wp/wp-content/uploads/be324f6e17939038ca0995640e64dad1.jpg
ほんとはこれ以下の方がいい。(20g、角砂糖5.4こ)
 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
すくなっ!
けっこうシビアな提案だなあ!
 

では、肝心の、甘い飲み物には、どのぐらいの砂糖が入っているかというと・・・。
 
 

■甘い飲み物の砂糖の量。
それでは、子供に人気の飲料に含まれる砂糖の量をごらんください。
/wp/wp-content/uploads/o06360480114522223671.jpg
(写真はこちらのサイトから拝借しました)
 

うーん、がっつり入ってますね。
 

ペットボトルの甘い飲料は、どれも角砂糖が10こ以上。
つまり、子供に甘い飲料をペットボトルで与えるべきではないってこと。
 

ペットボトルの半分とか、小さいサイズだったら、ギリギリって感じ。
 
よかった、小さい奴なら与えていいのね。
ほっ・・・、
 

としたあなた!
 

そうですね、ただーし!
 
それ以外の食べ物に甘味を使わなければ、ね。
 

他に甘いおやつを与えない、のはもちろんのこと、

食事にも、ドレッシングとか、ケチャップとか、麺つゆとか、甘い調味料を使わず、

親子丼とか、煮ものとか、照り焼きとか、甘い料理を作らず、生活できるなら、ね!
 

えー、無理無理! 絶対無理! 
というママさんたちの声が聞こえてきそう・・・。
 
 

■100%ジュースなら大丈夫?
・・・そうか!
ジュースじゃない、甘い飲み物には、砂糖がいっぱい入ってる。
だけど、100%のジュースなら、砂糖じゃないから、たくさん飲ませてもいいのね!!!
 

と思ったアナタ。
 

残念ながら、そういうわけでもないんです・・・。
 

100%ジュースなのに砂糖入り?につづく




関連記事

  1. マックに行くなら! 今日のご飯と簡単レシピ。
  2. 公園と、煙草と、お菓子。
  3. お菓子の食べ過ぎ、量はどこから?
  4. お菓子を食べ過ぎるとどうなるの?
  5. 「子どもはお菓子が好き」という誤解。
  6. 煙草とお菓子は似ている。
  7. 煙草はもちろん、怖いけど。
  8. 子どもが納得するルール作りを。
  9. 子供に伝わる言葉を知ろう。
  10. 子どもがお菓子をやめられないワケ。
Top