まごわやさしい、晩ごはん。

まごわやさしい、晩ごはん。

先日、公園で、以前私の講演に来て下さったママさんに会いました。
今年は花粉症が出なかったらしい! よかった!
 

「でも、苦労するのは、和食のメニューなんですよ」とママさん。
 

栄養士さんが作るような献立だと、畜産物や油が多すぎるのはわかりました。
でも、じゃあ何を基準にして、何をどのぐらい取ればいいのか・・・」とママさん。
 

「あ、それはですね、いい方法がありましてですね・・・・」
 

とアドバイスしようとしたときに、長男の帰宅時間に。
 

「じゃあ明日辺りに記事にするんで読んでくださいな~」とお別れしました。
 

Aさん、読んでくれてるかしら(^^)/
 
 

■まごわやさしい、たまに憎い。
私がおうちごはんを決めるうえで、よりどころにしているのはこれです!
 
/wp/wp-content/uploads/20150114181556661_002611.jpg
(サイト内無料マンガ『まごわやさしい。(たまに憎い)』より)
 

 

くわしくはこちら↓にまとめてあるので、興味のある方は是非どうぞ。
(マンガ「まごわやさしい。(たまに憎い)」)
 
 

■今日の晩御飯。
ってことで、佐々木家の今日の晩御飯です。
 
/wp/wp-content/uploads/1502022977522.jpg
 

どうです、質素でしょう!(笑)
 

お品書きは、
・麦ごはん
・納豆
・かつお(切るだけ)
・きゅうりとわかめと竹輪とごまの麺つゆ和え(5分)
・高野豆腐ときくらげの煮物(5分。だし汁は既製品)
・ふかした薩摩芋(蒸し器で10分)
・シジミとアオサの味噌汁(出しはかつおぶしを入れてそのまま。5分)
・あと、梅干しと、筋子も出しました。
 

小さい子供がいるので、台所には長く立ちません。
せいぜい15分。
 

メニューを組み立てるのは、そんなに困りません。
「まごわやさしい」の食材をそれぞれいくつか常備しているので、それを使って、パズルみたいに考えます。
 

全部使えたら上出来。
ひとつかふたつ落としたら、それを覚えておいて、翌日使うようにしています。
 

たいてい、切るか、和えるか、グリルで焼くか、蒸すか、ゆでるか、またはその組み合わせで作ります。
1~2日に一遍ぐらい、バターかラードかあまに油で炒めます。
 

基本的に、ごはんで子供たちを喜ばせようと考えていません。
それは、ごくたまにでいいと思います。

 

毎日のごはんがレクレーションであるかのような風潮は、子供の栄養過多を助長してしまうのではないかと危惧しています。
 

わが家の子供たちは、毎日毎日、似たような味付けの、地味な料理を食べていますが、
それでも
「今日の薩摩芋は甘いね」
「コーンだ! コーンって夏の野菜なの?」
みたいな発見は日々あるようですよ。
 

ちなみにこの日は「まごわやさしい」がそろった上出来な日です!
どこに何が使われているか、暇な方は探してみてくださいねヽ(^o^)丿




関連記事

  1. サバ缶の味噌汁。2016/12/13
  2. 三五八にしん。2016/12/05
  3. オリエンタルカレー! 2016/01/27
  4. まぐろ漬け丼。 2015/08/11
  5. カツオのたたき 2015/06/01
  6. (手抜き)にしんとろろそば 2015/05/16
  7. お好み焼き 2015/04/10
  8. サンマ缶の炊き込みご飯 2015/03/17
  9. 豆ごはん 2015/03/01
  10. かきごはん 2015/02/20
Top