ベビーカー、たたみません(すいません)。

ベビーカー、たたみません(すいません)。

(ちょっと今回は趣味丸出しのコラムです。笑)
ベビーカー論争ってありますよね。
 
/wp/wp-content/uploads/baby_car_mother1.png
 
たたむ派、たたまない派が、いまだ熱い論戦を繰り広げているもよう。
読んでいると、いろんな意見があって面白いですね。
 

え、私? 私はたたみません。
たたまない派ってわけではないんですが・・・。
 
 

■私、たたみません
たたまないというか、たためません。
三人目が生まれてから、たためなくなました。
(二人目までは、必要に応じて畳んでました)
 

なぜかというと、子供三人のための荷物で、ベビーカーが要塞と化しているから(笑)
しかもわが子は重量級。
 
なので、骨格のがっつりした、20キロまで載せられる外国製のベビーカーを選びました。
それ自体がかなり重いし、縦に自立してくれないタイプ。
 

そんなこんなで、電車の中で荷物とベビーカーを持って立つ、というのは不可能になり。
「たたむ」という選択肢はなくなりました。
 

なので、公共交通機関では周囲にけっこうご迷惑をかけてます。
ベビーカーがでかい分、態度は小さくしております。
 

たまに、年配の女性に「たたまなきゃだめよ」と注意を受けることがありますが、
事情を説明すると納得して頂けることが多いです。
(すらすら説明できるよう練習済み)
 

ありがたいことです!
 
 

■論争初めて物語
さて、そんな私も、ベビーカーをあやつって早七年目。
電車の中で、ベビーカーをとりまく視線について、気づいたことがあります。
 

それは、「たたみなさい」と言ってきたり、ベビーカーをじろりとにらんでくるのは、
おもに団塊の世代のおばさまたちである・・・ということ。
 
/wp/wp-content/uploads/th32KKUY6W.jpg
 
それより年配のおばあちゃんたちは、むしろ、ひたすら好意的な感じ。
 

団塊の世代のおばさまたちは、ベビーカーに対してちょっとピリピリしているような?
このことがずっと気になってました。
 

三人目になって、睨まれることが多くなって、それはやっぱり団塊の世代だなあと確信(笑)。
 

私はどうも、「〇〇論争」っていうのがあると、自分はどっち派か、よりも、
そもそもなんでそんな対立がおこってるんだろ? ってことの方が気になってしまうタイプ。
 
だって、それぞれの理論を支えているのはそれぞれの体験です。
だから、理解し合うには、相手の体験も知ったほうがいいと思うんだよね。
 
なので、ちょっと調べてみました。
団塊ママのベビーカー史!
 
 

■ざっと調べてみた。
以下、いくつかの資料をもとに勝手に作った年表。
(写真はネットで適当なものを拝借しました)

 

19世紀中頃 アメリカでベビーカーが発明される
 

19世紀後半 日本に福沢諭吉によって輸入される 同氏が「乳母車」と命名 当時は木製
 
/wp/wp-content/uploads/TKY2010070203321.jpg
 

20世紀初頭 日本で藤製の乳母車が開発される
 
/wp/wp-content/uploads/I7rJnhpn1.jpg
 

20世紀初頭 大戦後のベビーブームのとき、庶民にまで浸透

 

20世紀

(昭和20年代 団塊の世代誕生)
 

昭和30年代 スチールパイプの骨組みにビニール製のカバーを取り付けたタイプが主流に
 
/wp/wp-content/uploads/image031.jpg
 

昭和40年代 軽量の折り畳みタイプが登場
 
/wp/wp-content/uploads/sasatani18-img562x600-1388310109hr3urx737761.jpg
 

(昭和45年~ 日本でバリアフリーの取り組み始まる)
 

(昭和46年~ 団塊ジュニア誕生、団塊の世代が育児を開始)
 

(昭和48年  国土交通省(当時の建設省)が老人、身体障がい者、ベビーカーなどの通行の安全のための通達を出す)
 

昭和49年  東京のベビーカー普及率がほぼ9割に達する

 
 
ふむふむ、見えてきたぞ。
つまり、団塊ママたちは、時代がバリアフリーへと改革されようとするただなかに、最新の折り畳み式ベビーカーで街へ乗り出したわけだ!
 
当時の日本社会はまだ家父長制が色濃かったはず。
だから、このとき、交通機関でベビーカーを邪魔者扱いしたのは、間違いなく男性。
「電車は通勤のためにあるんだよ! 赤ん坊つれてのこのこ乗ってくるな!」的な。
 
そして、団塊ママは基本的に専業主婦。
メンタル的には男性の数歩後ろを歩いてたはず。
きっとものすごく小さくなって、「すみませんすみません!」と、必死で子供をあやしていたんだろうな。
 
というかそもそも、よほどの用事がないとベビーカーで電車とかバスとか乗らなかったんじゃないかなあ。
バリアフリーの設備だって、完備とは程遠い状態だっただろうし。
 
その一方で、ウーマンリブの時代でもあったわけで。
一部の女性は、バリアフリー運動の先陣を切って、男社会と対決していたはずで・・・
 

ああ~、どんなことがあったのか気になる!
もっと、時代の流れとか空気感とかを知りたい!
乳母車文化史みたいな!
 

それにしても、なんでこんなに文献がないんだ~!
・・・と、あきらめかけたそのとき。
 

こんな論文がヒットしましたよー!
 

『わが国における乳母車の歴史的考察』 
日本女子大学児童学科 加藤 翠さん
が執筆しています!
 

これ超読みたいんですけど(゜o゜)
 

調べてみたら近場の大学に収蔵されてました。
気が向いたら、読みに行って、引き続きリポートするかもしれません。
 
ちなみに私、見知らぬ大学で学食に入るのがけっこー好きです。
子連れで行っちゃうぜ!(笑)
 

つづきはこちら




関連記事

  1. 佐々木が長男の咳に久々にひびった話。
  2. 娘Мの顔のあざについて佐々木がやっと安心した話。
  3. ずいぶん、ラクになりました。~アトピーの本、300冊突破~
  4. ひとりランチと育児。
  5. 右半身がしびれる!
  6. ドイツのうたげ!
  7. バギーで母校へ!
  8. 今の小学生は挨拶もできない! ・・・かな?
  9. 育児と癒し作業。
  10. 子供の目の日焼け。
Top