「うちの子、体が弱くって・・・」の落とし穴。

「うちの子、体が弱くって・・・」の落とし穴。

■「うちの子、体が弱くって・・・」
先日、あるママさんと話していたときのこと。
 

お子さんは八歳。アレルギー症状がなく、身体も大きい。
けれど、気になることがあるという。
 

身体が弱いんだよね。風邪をひくとすぐ熱を出して寝込むの。
だから、もっと丈夫になるように、食事には気を使ってはいるんだけど。
どうしたら体が強くなるの?」
 

そこで、前日の食事内容を聞いてみると、
 

朝:目玉焼き、ウィンナー、サラダ(ドレッシング)、食パン(バターとジャム)、ヨーグルト
昼:給食
おやつ:ピザ、豆乳、みかん
夜:親子丼、ポテトサラダ、ブロッコリーのチーズ焼き、サツマイモの味噌汁
 
/wp/wp-content/uploads/011.jpg
 
「できるだけ自然なものをと思って。
食パンはホームベーカリーで焼いてるし、ドレッシングとかジャムも手作りしてる。

・・・栄養、足りてるよね
とママさん。
 

「うーん・・・。どっちかっていうと、食べさせすぎかもしれないよ
 

「えっ? どういうこと?」
 
 
■熱の正体。
「そもそも、熱って、体が弱いから出る、わけじゃないよ」
 

「どうして? ウイルスに負けたから出るんじゃないの?」
 

「ううん、そうじゃないよ。
熱は身体の武器で、敵をやっつけようとして出ているものなの。
火炎放射器みたいなものだよ。
 

つまり、すごーく戦ってるわけ」
 

「えー、そうなんだ。
でもさ、友達は寝込まない風邪であの子だけ寝込むんだよ?
それは弱いってことにならないの?」
 

「それは弱いんじゃなくて、たぶん、戦いすぎている。
小さな敵に、必要以上に大きな戦争をしかけているってかんじ」
 
/wp/wp-content/uploads/sensou_senjou1.png
 

「えー、なんでそんなことになるの?」
 

身体に、武器とか、兵隊とかが集まりすぎてるんじゃないかなあ。
すると、ちょっとしたことで、あっというまに戦争が始まっちゃうわけ」
 

「武器? 兵隊? それって何からできてるの?」
 

摂りすぎた植物油、それから肉、卵、乳製品

 
 
■過ぎたる栄養、及ばざるがごとし。
洋食、肉が中心なら、子供の食が進む」と考えているママ。
ごはんを残しても、オカズはちゃんと食べなさい」と言い聞かせているママ。
 

このようなタイプは、子供に食べさせすぎていることが多いようです。
しかも、子供の不調を栄養不足ととらえてしまい、更に食べさせる、という悪循環に陥りやすいです。
 

どんなにすぐれた栄養をとっても、その子の身体の処理能力を超えてしまえば害になります。
 
/wp/wp-content/uploads/s_009n1.jpg
 
植物油は身体を炎症体質にし、タンパク質はやっかいなポリペプチドとなって身体をめぐり、
アレルギーをはじめとする、さまざまな症状の原因になります。
 
/wp/wp-content/uploads/35.jpg
(拙著『アトピーが消えちゃった! マンガでわかる体質改善』より)
 
安くて、おいしくて、栄養豊富な食べ物が街にあふれている今、
私たちは、栄養不足と同じくらい、栄養過剰を心配しなければならないのです。
 

子供の食事は、和食をペースに、
ごはんを主体に、
油、糖分をできるだけ控え、
タンパク源は魚か大豆製品にするとよいでしょう。

 

基本を守れば、たまに脱線しても大丈夫。
 

ある日の我が家の晩ごはん。
 
/wp/wp-content/uploads/14806852527241-1.jpg
 
長男は、喘息も、熱けいれんも、季節性結膜炎もおさまり、以前よりずっと丈夫になりました。




関連記事

  1. 子供が勉強してくれない! ときは。
  2. 消化力は十人十色。
  3. 喘息の薬が効かない方へ。
  4. 乳がんはマンモグラフィ!・・・の前に。
  5. 取ればいいってもんじゃない!
  6. 「お帰り、痙攣してる」。~四年前を振り返って~
  7. 子どもの鼻炎、お薬よりも・・・。
  8. 結膜炎、目薬よりも・・・。
  9. 熱けいれんの原因は油だ。
  10. その不調、ほんとに体質?
Top