歯が長くなった・・・? ママの歯のケア、大丈夫?

2016年12月19日 月曜日

歯が長くなった・・・? ママの歯のケア、大丈夫?

最近、もっとも衝撃を受けたこと!
ここを見ているアラフォーママに向けてお送りいたします(゜_゜>)!
 

■「歯が、伸びて来たんだよね・・・」
数週間前。
実家で、母と、一つ違いの姉と話していた時。
 

母の母、つまり私のおばあちゃんの話になり、
そのおばあちゃんが総入れ歯だった、という話になりました。
 

私、姉「えっ、そうだったんだ~」
 

母「そうよ、歯周病でね。
その遺伝で、私もなりやすいらしいから、毎日デンタルフロスしてるわよ。
あんたたちもいいトシなんだから、ちゃんとケアしないと、歯がなくなっちゃうわよー」
 
私「デンタルフロス? えらーい!」(せんべいバリバリ)
 

すると姉が重い口調で、
「そういえばさー・・・最近、歯が伸びてきたんだよね・・・
 
/wp/wp-content/uploads/animal_beaver1-1.png
 
私「・・・は? 成長したってこと?」
 

母「バカ言いなさい! 歯茎が下がってきたんでしょ? 
アンタ、それは歯周病の初期症状かもしれないよ! 早く歯医者さんに行きなさい!」
 

私も、数年、歯医者さんに行ってない、と言ったら怒られてしまいました。
だけど、三年前に虫歯の治療は終わってるし、毎日丁寧に歯磨きしているので、問題ないはず。
 

その夜、主人と「おねえちゃん、歯が伸びたんだって! そんなこともあるんだねー」なんて話をしました。
 
そして、寝る前にふと、自分の歯を鏡で確認してみると・・・
 

「ぎゃー! 歯が伸びてるうぅぅぅぅぅ!」

 
 
■そうかー、歯周病とかの年齢なんだー(涙)
いやー、ほんとに歯が伸びてたんですよ。
普段、そんなにじっくり自分の歯を観察しないので、びっくりしました。
 

おかーさん、なんて言ってたっけ? ・・・歯周病? ・・・歯がなくなる?
震え上がった私は、またあれこれ調べたのでした(笑)
 

するとやっぱり、これは、歯が成長しているわけではなく(笑)、歯茎が後退しているらしい。
 

その原因として考えられるのは、主に歯周病
簡単に言うと、歯のまわりの組織が破壊されて、最後には歯が抜け落ちるという病気。
 
/wp/wp-content/uploads/a649fed5316a05a16fe95e8e160d6adc1.png
 

で、実は、歯を失う原因のトップは、虫歯じゃなくて、歯周病。
 
/wp/wp-content/uploads/thirty021.gif
 
若いときは、抜歯の原因は虫歯がトップだけど、
40代になると歯周病になる人が急に増えてきて、歯周病による抜歯が、虫歯による抜歯を追い抜いてしまう。
 
/wp/wp-content/uploads/thirty031.gif
(データ:8020推進財団。グラフは花岡矯正歯科クリニックさんのHPから転載)
 
そしてなんと、日本人の40歳以上の約8割が歯周病にかかっているという!
 
そうかー、歯周病かー。
私も40代なんだなー。
そう、しみじみと思うとともに、
 

ああー、歯医者に行かないわけにいかないなー・・・。
歯が抜けるのはやだもんな・・・。
 

歯医者が大の苦手の私は、三日間ぐらいかけて葛藤して(笑)、とうとう観念したのでした。
 
 
■三年ぶりの歯医者さん。
そんなわけで、先日、歯医者さんに行ってきたんですが、
 

歯周病ではありませんでした。ほっ。

 

歯茎が下がる原因はいくつかあって、たぶん加齢のせいだろう、とのこと。
(それはそれで、しみじみとショックでしたが。(笑))
 

ついでに検診してもらったら、いくつか虫歯が見つかったので、治療に通うことに。
(親知らずも抜かなくちゃいけないみたいで、震え上がっています。)
 

ちなみに、歯医者さんによると、歯周病予防は、歯ブラシだけでは不十分だそうです。
歯ブラシや、正しい磨き方が浸透して、虫歯は昔より減ったけれど、
歯周病は全然減らないんですって。
何故かっていうと、予防法がなかなか普及しないから。
 

予防のためにはもちろん、歯ブラシで取りきれない汚れなどをしっかり落とすこと。
理想は、歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスの併用!
フロスが使いにくい人は、糸ようじがおすすめとのこと。
 
/wp/wp-content/uploads/thG0XTCDUN.jpg
 

使い方、真剣に聞いてきました(三年前は聞き流してました)。
新習慣をはじめてみようかと思います(^^)/
 
 

■子供の付添では来るけれど・・・。
それにしても、歯医者さんの椅子に座るのは久しぶり。
 

っていうのは、ママたるもの、子供の付添・・・ではよく来るんですよね。
子供の歯の定期的な健診や、治療などは欠かさない、というママは多いはず。
 
/wp/wp-content/uploads/th0Q3ZCKXK.jpg
 
けれど、自分の歯のケアとなると、どうも後回しになりがちです。
しかも、歯医者さんってキホン、行きたくないもんだから、積極的に後回しにしちゃう。
 

けれど、そこのアラフォーのママ!
 

あなたの歯は、もう子供と同じぐらい、手厚いケアが必要なんですよ!
虫歯がないはず、と油断していてはいけません。
 

おばあちゃんになっても、自分の歯でおいしくご飯をいただくために。
 

ちょっと歯が伸びちゃった?という方はぜひ、歯医者さんを予約しましょう!




関連記事

  1. 春はアレルギーの季節。
  2. 「えっ、砂糖がこんなに入ってるの?」
  3. 子供の代謝、ワタシの代謝。
  4. インフルエンザb型と、久しぶりのお魚メニュー。
  5. インフルエンザb型と、予防接種の話。
  6. インフルエンザb型と、地獄の授乳。
  7. インフルエンザb型と、サッポロ一番塩ラーメン。
  8. アトピーと食事(油)について書かれた本。
  9. 明けましておめでとうございます。
  10. ご挨拶 20171231
Top