どんぐり食べよう! 2016/10/20

どんぐり食べよう! 2016/10/20

秋めいてきましたね~。
食欲の秋! 栗、サツマイモ、ぶどう・・・おいしいものが出回り始めました!
 
/wp/wp-content/uploads/aki-mikaku0061.jpg
 
太るのがこわい季節でもありますが、佐々木は授乳中なので、安心してがっついています(笑)
さて、今日は、おやつとしてどんぐりをご紹介します。
 
 

■どんぐり色々
そもそもどんぐりって、何なのか?
 

どんぐりの語源は、丸い(団)栗みたいな外見の木の実、らしいです。
つまり、それっぽい外見の木の実は、わりとおおざっぱにどんぐりなんですね。
 

で、どんぐりというとまず、こういう↓ヘルメット(穀斗といいます)をかぶっているやつを思い浮かべますね。
 

/wp/wp-content/uploads/o08000638123909764491.jpg
 

この、ヘルメットつきのやつは、だいたいが楢(なら)、樫(かし)の実のようです。
そーいえば、『となりのトトロ』でメイちゃんが拾ってるのも樫の実ですね~。
 

でも、中には、毛糸の帽子みたいな穀斗がついてるどんぐり(柏、クヌギなど)とか、フルフェイス?型のヘルメットがついてるどんぐり(スダジイ、ツブラジイなど)もあるんです。
 
/wp/wp-content/uploads/IMG_6015-540x3601.jpg
(右のスダジイの写真は、「ジュラのお散歩花日記」さんよりトリミングして転載)
 
 

■これぞ伝統食
さて、どんぐりは実は、縄文時代からの日本の伝統食。
しかも、まだ稲の生産が不十分な時代には、主食のひとつでした。
 

あの小さな実を拾って、むいて、毎日の主食にするのは、さぞ労力が要ったことでしょう。
しかも、どんぐりにはつよい毒性(タンニン)があったので、そのまま食べるわけにはいきません。
 

まず、石などでどんぐりを砕いて、水でよく洗ってアクをぬき、乾燥させ、粉にします。
それを水で練って、クッキーを焼いたり、お団子にしたりして、やっと食べられたんですね。
 
/wp/wp-content/uploads/6b010aa0102fcaa732287f8ea5867ef131.png
(『玄米は古い食べ方? 弥生時代編』より)
ああ~、なんて大変そう。
 

なので、コメや小麦が豊富にある今、どんぐりを食べるという食文化は、残念ながらおおかたすたれてしまいました。
 

しかーし!
なんとどんぐりの中にも、ほとんどアクがない、そのまま食べられる種類があるのです!
 

それは、椎の実です!
 
 

■椎の実拾おう!
さて、椎の木は街路樹や公園樹としてもみかけますが、いちばん多いのは神社の境内です。
私も小さいころ、近所の神社に椎の実拾いに行ったものでした。
 
/wp/wp-content/uploads/1476930682910.jpg
 
これは、境内の緑化目的で常緑広葉樹が使われたというのもあるけれど、
実は、いざって時に食用になるから っていう理由もあったとか・・・(うちの祖母談)
 

椎の実の中でも、食用に向いているのが、実が大きめのスダジイ。
 

見分け方は、
1 実の先端がシャープ
2 フルフェイスの穀斗が、三つに割れて顔を出す
3 葉っぱが反って曲がってる
/wp/wp-content/uploads/14769306644711.jpg
 

ちなみにうち(東京都北区)の近所で椎の実拾いをするなら、飛鳥山。
サクラで有名な飛鳥山ですが、広いお山の中にはさまざまな植物があって、それぞれの季節を楽しませてくれます。
 
/wp/wp-content/uploads/1476930610630.jpg
 

この日は、三つくらいの幼稚園のどんぐり拾いと鉢合わせてしまいましたが(笑)、それでもまだたくさん残っていました。
 
 

■椎の実食べよう!
さて、食べ方は簡単。
 

まず、ボウルなどに水を張って、ザザッと椎の実を入れます。
浮いてくる実は、虫食いなどで食べられないので、取り除きます。
 

ざっと洗ったら、タオルなどに広げて水分をとります。
 

フライパンを熱し、二分ほど乾煎りします。
テフロンは乾煎りに向かないので、使わないでね。
はじけて飛ぶことがあるので、必ずふたをしましょう。
 

殻が割れるパチパチという音がしてきたら、出来上がり。
 
/wp/wp-content/uploads/1476930580688.jpg
 

ちなみに、レンジで3分ほど加熱してもできるそうです。
(佐々木宅にはレンジがありませんので、悪しからず!)
 

出来上がりを、あちちち~ と言いながら剥いて、塩をかけていただきましょう!
味は、薄味の栗みたいな感じ。
 

煎りたてがいちばんおいしいです。
 
/wp/wp-content/uploads/1476930565354.jpg
 
剥くそばから食べるこどもたち。
 

お金をかけず、子供を季節の食材にふれさせることができるし、
椎の実を拾っている間、剥いている間、夢中になってくれるので、楽で助かります(笑)!
 

また椎の実拾いに行こうかなー・・・(三回目)。




関連記事

  1. 豆かん食べよう!
  2. ココナッツ・スイートポテト。2017/04/21
  3. 油・卵なし! おからとごまのばりばりクッキー 2016/09/30
  4. 炊飯器でふかしイモ 2016/09/08
  5. 豆花(トウファ。フルフル豆乳寒天) 2016/0601
  6. ジャスミン寒天ゼリー
  7. いもようかん 2015/07/31
  8. 胡桃の黒糖がらめ 2015/07/07
  9. 黒糖蒸しパン 2015/06/26
  10. ココナッツ・バナナ・アイス 2015/04/28
Top