グリーン・スムージーの落とし穴。

グリーン・スムージーの落とし穴。

「卵かけごはんに要注意」をアップした後、グリーン・スムージーに関する質問をいくつか頂きました。
なので今日は、グリーン・スムージーの注意点について書いてみます。
 
 
グリーン・スムージーとは
グリーン・スムージーは、緑の野菜、果物、水をブレンダーなどにかけ、ドリンク状にしたもの。
 
/wp/wp-content/uploads/14682392798092.png
 
一日のうち一食をこれに置き換えると、色々な健康効果があるらしい。
アメリカ発の習慣らしいですが、最近、日本にも愛飲者が増えたようですね。
利点と効果は、次の通り。
 
/wp/wp-content/uploads/14682392306300.jpg
 
利点
・手軽に沢山の野菜がとれる
・嫌いな野菜もとれる
・熱を加えないので、食品の酵素を壊さず摂取できる
(酵素とは、消化や代謝に必要不可欠な物質だが、熱に弱い)
・油、塩分、糖分などをとらずに済む、など

 
効果
ダイエット、美肌、便秘解消、体質改善、アンチエイジングなど

 
 
好転反応って?
ただ、グリーン・スムージーを習慣にすると、健康効果が現れる前に、以下のような症状がでやすいようです。
 
頭痛、吐き気、眠気、肌荒れ、倦怠感、下痢など
 
とはいえ、これらは、一時的なもの。
スムージーの浄化作用で、体にたまった毒素がデトックスされる際におこる、とされます。
短くて数日、長くても二週間ほどで、おさまるとのこと。
 
このうち、最も出やすく、辛いのが下痢。
これは、排泄作用が活性化することや、野菜などに含まれる、便を緩くする成分のはたらきもあるそう。
 
/wp/wp-content/uploads/14682392569261.png
 
いずれにせよ、好転反応です。
体が慣れるまでは、スムージーの量を減らしたり、水を増やしたりして様子を見ながら、乗りきりましょう
 
……とだけ書いて、励ましているサイトがけっこう多いのですが。
 
もしあなたが、次のような飲み方をしているならば、その下痢は、好転反応とは限らないかも……。
 
 
グリーン・スムージーで始まる一日。
「朝、目を覚まし、キッチンへ向かう。
冷蔵庫から新鮮な野菜と果物を取りだし、グリーンスムージーをつくる。
 
ごくごく、ぷはー
今日も美味しい
忙しい朝には最適。
 
/wp/wp-content/uploads/14682388692360.png
 
朝はグリーン・スムージーに置き換えたから、あとはちょっとカロリー高くても大丈夫
 
お昼は、イタリアンに行こうかな~(^o^)」
 
 
そのとき、体では
このような飲み方の、いけないところとは。
 
冷たい食材を使うこと。
冷たいものを、朝の空腹の胃に流し込むと、体温は急激に下がり、消化、代謝機能も低下します。
氷をいれちゃったりしたら、なおのこと。
 
ごくごく飲むこと。
「卵かけごはんに要注意」で解説したように、飲み込みやすい食品=消化にいい、ではありません。
細かく砕かれていたとしても、唾液とよく混ざり合っていなければ、うまく消化されません。
 
グリーン・スムージーは、言ってみれば、流動食。もとは食べ物です。
 
消化されず、そのまま腸に進んだスムージーが、下痢を起こすことがあるのです。
 
スムージーの後の食事、に気を付けないこと。
スムーズな消化のために、胃腸は食べ物を移動させようと蠕動運動を繰り返します。この動きは、固形物が入ってきたときに活発になります。
スムージーのような、流動食だけの食事では、これが起こりにくいのです。
 
つまり、今までの朝食をスムージーに置き換えた場合、確かに胃腸を休めることはできるでしょう。
けれどそれは、言い換えれば、スムージーによって、胃腸のはたらきが低下しているわけです。
 
そこに、急にこってりしたものを放り込むとどうなるか。
 
/wp/wp-content/uploads/14683963341510.png
 
胃がびっくりして、うまく蠕動運動を起こせず、消化不良となり、その結果、下痢がおこることがあるのです。
 
この場合、デトックスされているのは、体にたまった毒素ではなく、いま食べたランチ
……悲しすぎる
 
このような下痢は、好転反応とは違い、単なる消化不良。
待っても改善されるどころか、ひどくなってしまうことも。
 
グリーン・スムージー・ダイエットを下痢でリタイア、という方は、恐らくこのような下痢に苦しめられたのではないかと思います。
 
……恥ずかしながら、これは私の実体験。
学生時代、当時流行ったフルーツジュースで、悲しい下痢に見舞われてリタイアしました。
今回書いたことは、そのとき、お医者さんに聞いたことです(^-^;
 
 
グリーン・スムージーの注意点
このような症状に苦しめられないよう、グリーン・スムージーを飲むときは、以下のことに気を付けましょう。
 
①常温で飲む
②唾液と混ぜて、噛むように、ゆっくり飲む
③食事はよく噛んでゆっくり食べる

 
また、お子さんに与えるときは、少量にし、あくまで食事の補助とした方がよいと思います。
 
 
健康食品に飛び付くなかれ
新しい健康食品は、常に、大きな利益を産む可能性を秘めています。
そのため、宣伝にはメリットが誇張され、また、息の長い消費を促すため「毎日の習慣にしましょう」と繰り返されます。
 
けれど、毎日の食習慣に新しいものを取り入れることには、慎重になって、なりすぎることはありません。
 
/wp/wp-content/uploads/14683963157310.png
 
新しい健康食品にひかれたら、イメージだけで始めず、必ず、注意点や、リスクや、デメリットも調べましょうね。
 




関連記事

  1. 豆かん食べよう!
  2. 砂糖とアレルギー。
  3. あまに油入り〇〇・・・の落とし穴。後編
  4. あまに油入り〇〇・・・の落とし穴。
  5. 冷やしたぬきの誘惑。
  6. ドイツのうたげ!
  7. 肉は身体に悪い?・・・の前に。
  8. これぞ食育!(ソーセージ、続き)
  9. ソーセージはなぜ豚肉だけか。
  10. から揚げと食育。
Top