植物油は、やさしくないよ。

植物油は、やさしくないよ。

「植物油は、動物性油脂より体にやさしい。」
・・・そう、思っていませんか?
スーパーでも「ピュアな植物油」とか「新鮮な菜種油」とかの言葉につられる人は多いはず。
 
/wp/wp-content/uploads/JS745_donatsubascket_TP_V1.jpg
(↑イメージカットです(゜_゜>))
 
これはかつて「植物油はコレステロールを下げる、ヘルシーな油だ!」という学説が、世界中に広まったから。
「リノール酸神話」と呼ばれるものです。
日本でも、厚労省が積極的に植物油を取るようすすめ、その結果、今日のような食習慣が作られました。
 
しかしこの学説、なんと間違っていたんです!
 
リノール酸の摂取は、長期的に観察すると、コレステロールを下げるとは言えないことが判明。
それだけではありません。
リノール酸を多くとり続けると、リノール酸から生まれる炎症物質が体を慢性的に炎症状態にしてしまうことで、いろいろな病気が増えることがわかってきました。
 
アトピー、喘息、花粉症などの、各種アレルギー。
癌、動脈硬化、糖尿病等・・・
そんな病気が、植物油を多くとるようになった国々で急増する、という皮肉な結果に・・・。
もちろん、日本もその一つです。
 
ただ、リノール酸自体が、悪いものなのかというと、そういうわけではありません。
問題はとる量です。
 
当時は「リノール酸は体内で作れない必須脂肪酸だから、積極的にとるべし」とされました。
ただ、実はリノール酸は、自然界に存在するほぼすべての食品の中に含まれています。
ふつうに食事をしていれば、不足する心配はないのです。
それを、リノール酸が凝縮された油という形で、わざわざ大量にとってしまった。
何事も、度が過ぎればいいことはありません。
 
そして、リノール酸神話はがらがらと崩壊しました。
 
「・・・って、そんなナントカ学会での出来事、フツーの主婦が知るわけないじゃん!」
 
そうそう、そうなんですよ。
だから今も「植物油は体にやさしい!」というイメージは独り歩きし、
加工食品には、そんな消費者の思い込みを利用しようとする、キャッチコピーがあふれているのです。
 
「って、どうして国は情報を訂正しないの? 無責任じゃん!」
ですよね~。
一言でいうと、「今さらそんなことしても誰も得しない」からじゃないかな、と思います。
残念ながら、「誰も」のなかに、消費者だったり、患者だったりする私たちは、入ってません。
 
私たちをとりまく世界は、基本的には利権で動いています。
安い植物油の大量消費なしには成り立たない食産業に、わたしたちは囲まれてしまっているのです。
 
「・・・でもやっぱり、植物油って優しいような気がする。」
 
わかります、わかります。
かつては私もそうでした。
なたね油。ごま油。優しい響きですよね・・・。
 
だがしかーし!
それはもう、言葉は悪いけれど、洗脳されちゃっている状態だと思います。
植物油に対して、そのくらい強いイメージを、私たちの世代は刷り込まれてしまってる。
 
・・・ただ残念ながら、体のシステムは、頭のイメージ通りには動いてくれません。
 
私の洗脳がとけたのは、植物油(※)をやめて、子供たちがアレルギーから解放されたとき。
その後、私たちは、長い間体質だと思っていた、下記の症状からも解放されました。
(ちなみにここれらの症状は、たまにパーティ続きだったりして植物油を多くとった時に、ひょっこり顔を出します。)
 
・主人 季節ごとの風邪と高熱(年に四回は寝込んでいた)
・私 風邪の後の気管支炎(毎回、薬で収まっていた)
・息子 喘息(ステロイド系の薬を処方されるも、今いち効かず) 風邪のときの高熱、および熱性けいれん 頻繁な結膜炎
・娘 風邪のときの高熱 アトピー 
なお、周囲の友人には、生理痛、偏頭痛の解消がよくおきます。

 
このような変化を目の当たりにして、
リノール酸のとりすぎが私たちに与えている悪影響の大きさを、ひしひしと感じています。
 
「話は分かった。でも、植物油が使えなくなるなんて、不便なんだけど!」
 
はい。
それについては次回、お話します(^^)/
 
(※ アレルギーには、植物油+なんらかのタンパク質が関与していることが多いです。
くわしく書くと、娘のアトピーは植物油と玄米、息子の喘息は植物油と米が関与していたと推察しています)




関連記事

  1. あまに油入り〇〇・・・の落とし穴。後編
  2. あまに油入り〇〇・・・の落とし穴。
  3. 冷やしたぬきの誘惑。
  4. ドイツのうたげ!
  5. 肉は身体に悪い?・・・の前に。
  6. これぞ食育!(ソーセージ、続き)
  7. ソーセージはなぜ豚肉だけか。
  8. から揚げと食育。
  9. あまに油のマヨネーズ(失敗と考察)。
  10. おかゆパン。2017/03/22
Top