5

5

カレーで母乳は変わるか。その1を読む
カレーで母乳は変わるか。その2を読む
カレーで母乳は変わるか。その3を読む
カレーで母乳は変わるか。その4を読む
 
注)今回は、前回紹介した論文の見解とは別視点の、当サイトの見解として書いています。
 
 

■油、そんなに多くなくない? 
さて、カレー実験で、母乳のにおいがほとんど変わらなかったママ。
彼女の、普段のゴハンにおける油の使用割合はこんな感じ(イメージ)。
 
/wp/wp-content/uploads/IMG_42521.jpg
(写真は借り物です)
 

・・・え、油、そんなに多くなくない?
と、思いますよね。
 

・・・ってゆーか、この写真給食でしょ?
つまりちゃんとした献立ってことじゃないの?

と、思いますよね。
 

その通りです。
 

このママさんは、食事からとるカロリーの28.5%を、油からとっていた(脂質エネルギー比28.5%、と表現します)のですが、
実は、国が定めた栄養学的な基準だと、この年代の女性の脂質エネルギー比の目標量は、20-30%
つまり、しっかり基準値内です。
 
/wp/wp-content/uploads/5c44d7da81af305c883be945bab43e31.jpg
(日本人の食事摂取基準 2015)
 

ちなみに、私たちがお世話になる、給食、社食、病院食。
そういったごはんも、この基準を実践する栄養士さんによって、作られています。
 

そして現在、このような油の割合の献立は、見慣れたものになりつつありますね。
 

しかし実は、
この基準では、人間の健康を守るためには油が多すぎるのです。
 
 

■アレルギーと油。
みなさん、「身体にやさしい植物油」ってフレーズ、どう感じますか?
抵抗、感じないでしょ?
 

それは、ちょっと前まで、油(植物油)は、たくさん摂るように勧められていたからです。
そのほうが体にいいといわれていたんですね。
 

けれど、研究が進むにつれて、それは間違いだったことが分かってきました。
しかも、油を摂りすぎると、いろんな病気になるリスクをあげることが分かってきたのです。
油についてのおもな参考文献はこちら
 

先ほどの油の摂取量の目安は、その時代に決められたものから、いまも十分に改定されていません。
 
/wp/wp-content/uploads/23-2.jpg
 
そして、植物油の摂り過ぎと、特に密接に関係している疾患が、アレルギー疾患です。
アトピー、花粉症、食物アレルギーなど。
 

それは、植物油の主成分であるリノール酸のせい。
リノール酸は、身体の「敵を攻撃する力」を過剰にしてしまうのです。
その結果、身体のあちこちで、さまざまなアレルギー症状がでやすくなるのです。
 

アレルギーの原因と改善法はこちら
 
 

■母乳はアトピーの原因になるか。
話を母乳に戻しましょう。
ママが油のとりすぎだとして、
問題は、その油が、母乳を通して、乳児のアレルギーの発症に影響するか、どうかです。
 

当サイトは、影響すると考えています。
 
それは、アレルギー患者をもっとも高い治癒率で治療されている小児科医、永田良隆先生が、
臨床的なご経験をとおして、そのような見解をお持ちだから。

加えて、私も含め、母親の食事を変えることで乳児のアトピーが治った例を、実際に何件か見たからです。
永田先生の臨床例はこちら
 

 
というわけで、
当サイトとしては、授乳中のママさんには、油少な目の和食をお勧めします。
カレーで母乳のにおいがかわる、ぐらいの食生活が、アレルギー予防という観点から見ても、適当だと考えます。
 
/wp/wp-content/uploads/ba6ff88a8e15b20999e75defa5607e08.jpg
 

けれど、カレーでにおいが変わった母乳を「悪い母乳」だとは思いません。
たまにはママだって、食べたいものを楽しんでもいいじゃない!
 
ママさん、今日もおつかれさまです。


Top